MENU

ヒルドイドローションをニキビに継続使用するとどうなるのか?後遺症は?

ヒルドイドと言えば、赤ちゃんに使えるほど
優しい薬なので、副作用の心配もリスクもほぼほぼ無いと
安心している方が大半かと思いますが
意外なことに、皮膚炎などが発症する事例も確認されています

 

 

確かに、ヒルドイドソフト軟膏やヒルドイドローションには
副作用はみられないと発表されています。

 

ですが、ヒルドイドクリームの場合の症例はおよその2400件ですが
対してヒルドイド軟膏とヒルドイドローションは10分の1程度の検証結果で
『症例なし』となっているため、データ自体に少し疑問を感じてしまうのは、とうぜんです^^;

 

パッと見は安全そうに感じられても
この発表も「医薬品」として短期間に使用した際のデータなので
「化粧品」の感覚で長期間使用することは少なからずリスクがあるということ

覚えておいたほうが良さそうです。

 

必要以上に使用しない、
これを頭に留めておけば問題はないと思います。

 

 

賛否両論はあるようですが
ヒルドイドには経皮吸収作用があります。

 

経皮吸収作用とは、肌の分子より小さい医薬物質が肌へ浸透すること。
性質上、肌が薄くなりすぎてしまう恐れがあります

 

経皮吸収作用で肌から浸透されたものはおよそ90%が体内にとどまる為、
肌に悪影響を及ぼすリスクがあります。

 

 

ヒルドイドローションに後遺症はあるの?

 

後遺症というよりは
副作用でできた赤みやかゆみが
なかなかひかないというイメージでしょうか。

 

当サイトでヒルドイドローションを使用する
ニキビに悩む女性にアンケートととった所、
確かにその意見は少なくありませんでした。

 

特に後遺症という事例は確認できませんでしたが
痒い、ピリピリする、など。

 

やはり薬は薬。
必要以上に使用はしない方が無難だと思います。

 

過度に使ったことで
ニキビ跡にでもなってしまったら大変です。

私が使ってよかった大人ニキビ化粧品

友達に勧められて使ってみたものの中から、私が使ってみてよかったものをご紹介します。
トライアルセットがあるものばかりで試しやすいお値段なのもオススメです!
ビーグレン(b.glen)
ニキビケア(trial) スキンケア成分を角層の奥まで届けてくれて、長時間肌にとどめてくれるという成分「QuSome」配合のニキビケアプログラムです。 ビーグレンの商品はなんとなく高級なイメージだったんですが、トライアルセットがあると知り試してみることに!
私の肌に合っていたからか、徐々にコンディションが整っていく感じがしたので今も継続中です。
ローションはトロっとしたテクスチャーなのでしっかり馴染むような使い心地が気に入ってます。

>>ビーグレンの詳細はこちら



オルビス(ORBIS) クリアシリーズ
オルビス ニキビケアの王道オルビスの商品は継続して使いやすいお値段も魅力です! 大人ニキビに着目した最先端スキンケア商品。約3週間分のたっぷり容量は嬉しいですよね。使い始めてからごわついていたお肌がやわらかい感触に。
さっぱりした使い心地なので冬場は少し乾燥が気になるかも…。
脂性肌の方にはぴったりだと思います!

>>オルビスの詳細はこちら



VCスターターセット(SIBODY)
VCローション ニキビの元と戦う!トラブル肌に最適なビタミンCコスメです。ビタミンC配合だからか今までにない、少し泡立つようなテクスチャーでした。 重ねづけすることでスベスベを実感
ただこちらも化粧水と美容液だけだと乾燥してしまうかなという感じだったので、クリームなどを合わせて使うのがいいかもしれませんね。

>>VCローションの詳細はこちら