MENU

ヒルドイドローションは脂性肌(オイリー肌)のあごニキビにも合う?使える?

ヒルドイドは脂性肌にも合う薬なの?
 頬(フェイスライン)やあごニキビにも使えるの?

 

こういった疑問をもたれる方は少なくありません。

 

なぜかというと、皮膚科によっては
皮膚の状態も確認せずに適当な薬を出す所も少なくないからです。

 

信じられないかも知れませんが
本当にある話です。

 

 

ですが、ヒルドイドローションは保湿のお薬です。
薬という以上、副作用は必ずあります。

 

なので脂性肌の場合は尚更、
油分が原因で毛穴がつまりニキビが悪化してしまうのでは?
必要以上の皮脂が空気に触れ、酸化し、肌荒れを招くもとにもなるのでは?
赤ら顔が更に血行促進で赤みが増してしまうんじゃないだろうか?

 

逆にニキビが増えてしまうのでは、と不安になってしまうのは当然ですし
最低限の危機管理は自身でしなければなりません。

 

では、本題です。

 

「ヒルドイドローションは脂性肌のニキビに合うのか?使えるのか?」ですが
結論からお伝えすると、脂性肌の人がヒルドイドを使う場合は
乾燥している部分だけにとどめるのがベストです。

 

もちろん肌の状態は人それぞれ違いますので、一概には言えませんが
必要以上の保湿はニキビを悪化させる原因になることは確かです

 

ですので、信頼をしている医師が
丁寧に診察して処方くれた場合以外は
自己判断でも、肌の様子を見ながらの使用に留めるのがベストです。

 

 

事実、皮膚科によっては
『ニキビにはコレ!』と決め付け
きちんとした診察もせずに処方する場合もあるからです。

 

万が一、その診断が間違っていたら?
万が一、ヒルドイドでニキビが悪化し肌に一生の傷をおったら?

 

責任を取らされるのはご自身です。

 

悲しい結果にならないためにも脂性肌でヒルドイドを使う場合は
乾燥した部分にのみ留めることを意識しましょう。

 

私が使ってよかった大人ニキビ化粧品

友達に勧められて使ってみたものの中から、私が使ってみてよかったものをご紹介します。
トライアルセットがあるものばかりで試しやすいお値段なのもオススメです!
ビーグレン(b.glen)
ニキビケア(trial) スキンケア成分を角層の奥まで届けてくれて、長時間肌にとどめてくれるという成分「QuSome」配合のニキビケアプログラムです。 ビーグレンの商品はなんとなく高級なイメージだったんですが、トライアルセットがあると知り試してみることに!
私の肌に合っていたからか、徐々にコンディションが整っていく感じがしたので今も継続中です。
ローションはトロっとしたテクスチャーなのでしっかり馴染むような使い心地が気に入ってます。

>>ビーグレンの詳細はこちら



オルビス(ORBIS) クリアシリーズ
オルビス ニキビケアの王道オルビスの商品は継続して使いやすいお値段も魅力です! 大人ニキビに着目した最先端スキンケア商品。約3週間分のたっぷり容量は嬉しいですよね。使い始めてからごわついていたお肌がやわらかい感触に。
さっぱりした使い心地なので冬場は少し乾燥が気になるかも…。
脂性肌の方にはぴったりだと思います!

>>オルビスの詳細はこちら



VCスターターセット(SIBODY)
VCローション ニキビの元と戦う!トラブル肌に最適なビタミンCコスメです。ビタミンC配合だからか今までにない、少し泡立つようなテクスチャーでした。 重ねづけすることでスベスベを実感
ただこちらも化粧水と美容液だけだと乾燥してしまうかなという感じだったので、クリームなどを合わせて使うのがいいかもしれませんね。

>>VCローションの詳細はこちら