MENU

ヒルドイドローションと思春期ニキビの関係は?

思春期ニキビの性質上
ヒルドイドローション単体で処方される事は少ない
です。

 

その理由としては
思春期ニキビは大人ニキビとは違い
油分が過剰に肌に分泌されてしまうことによって
できてしまうことが多いからです

 

尚、思春期ニキビの対処法としては
ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌する方法が一般的ですので
殺菌効果のあるものを使用されることが多いです。

※ 逆に大人ニキビの場合は乾燥が原因の場合が多いです。

 

 

ヒルドイドローションで思春期ニキビが悪化する?

 

ヒルドイドローションはざっくりと言えば保湿剤ですので
思春期ニキビにヒルドイドをつけると
過剰な油分によりニキビが悪化するおそれもあります

 

ですので、単体で処方される方は少ないと思いますが
ディフェリンゲルやダラシンTゲル、ベピオゲルなどを処方された場合は
併用されることが多いです。

 

ヒルドイドローションが強い薬から肌を守る
クッション的な役割として保湿に使われる事が多いです。

 

 

「思春期ニキビにヒルドイドローション?危険じゃない?」

 

そう思われるかも知れませんが
ディフェリンゲルやダラシンTゲル、ベピオゲルなどと併用する場合は
非常に強い薬ですので、つけない方が危険です。

 

尚、保湿でヒルドイドを使用する場合のポイントですが
乾燥している部分にのみ使用し、それ以外の部分や
思春期ニキビへ直で使用することは避けた方が良いです。

 

やはり薬は薬。
副作用の危険は必ずあります。

 

必要最低限の利用に留め
正しい付き合い方をして下さい。

 

 

それから誤解されがちですが
思春期ニキビができたからといって保湿をしないのも危険です。

 

必要な部分に必要なだけつける。

 

このバランスを意識して
健康な肌もしっかりと保湿しましょう。

 

 

それからニキビができていなくても
べたべたしたりテカリがどうしても気になる場合は、
水分の保湿をローションパックなどで十分にして
美容液をぬっておくと良いです。

 

私が使ってよかった大人ニキビ化粧品

友達に勧められて使ってみたものの中から、私が使ってみてよかったものをご紹介します。
トライアルセットがあるものばかりで試しやすいお値段なのもオススメです!
ビーグレン(b.glen)
ニキビケア(trial) スキンケア成分を角層の奥まで届けてくれて、長時間肌にとどめてくれるという成分「QuSome」配合のニキビケアプログラムです。 ビーグレンの商品はなんとなく高級なイメージだったんですが、トライアルセットがあると知り試してみることに!
私の肌に合っていたからか、徐々にコンディションが整っていく感じがしたので今も継続中です。
ローションはトロっとしたテクスチャーなのでしっかり馴染むような使い心地が気に入ってます。

>>ビーグレンの詳細はこちら



オルビス(ORBIS) クリアシリーズ
オルビス ニキビケアの王道オルビスの商品は継続して使いやすいお値段も魅力です! 大人ニキビに着目した最先端スキンケア商品。約3週間分のたっぷり容量は嬉しいですよね。使い始めてからごわついていたお肌がやわらかい感触に。
さっぱりした使い心地なので冬場は少し乾燥が気になるかも…。
脂性肌の方にはぴったりだと思います!

>>オルビスの詳細はこちら



VCスターターセット(SIBODY)
VCローション ニキビの元と戦う!トラブル肌に最適なビタミンCコスメです。ビタミンC配合だからか今までにない、少し泡立つようなテクスチャーでした。 重ねづけすることでスベスベを実感
ただこちらも化粧水と美容液だけだと乾燥してしまうかなという感じだったので、クリームなどを合わせて使うのがいいかもしれませんね。

>>VCローションの詳細はこちら