MENU

ヒルドイドとは何か?メリットやデメリット

 

ヒルドイドとは乾燥した皮膚に
うるおいを与える保湿薬の1つになります。

 

クリームタイプ、軟膏タイプ、
ローションタイプの3つのタイプが一般的です。

 

・ヒルドイド軟膏
・ヒルドイドクリーム
・ヒルドイドローション

 

ローション、クリーム、軟骨、
この順により固くなるというか
液体から固体に近づいてゆきます。

 

固体に近づくとは
簡単にご説明すると、ベタベタするということ。

 

ヒルドイドは、血行を促進する作用とともに
肌を保湿する効果もありますのでより固い軟骨は
肌の水分を逃がさないように「フタ」をする力も強いことになります。

 

薬が幹部に付着して残り、効き目が良くなるので
患部を覆う効果も期待できます。

 

しかし、その一方で
固いと伸びが悪いというデメリットもあります。

 

体全体に使用される場合や患部が広い場合は
塗り広げるのに伸びのいいローションが適します。

 

ベタつくのがイヤだという方も多いため
より柔らかいローションを選ぶ方は少なくありません。

 

また髪の毛に付着するのが嫌だという場合も
地肌に届くローションが選択されます。

 

ヒルドイドの主な成分は
「ヘパリン類似物質」と呼ばれる
体内でつくられる保湿成分ヘパリンに似せたもの。

 

高い保湿力・血行促進の力・抗炎症作用があり
健康な肌づくりをサポートする効果があります。

 

 

尚、ヒルドイドが持つ保湿の効果ですが
肌に浸透したあと水分を内側に留める働きがあることです。

 

血行促進の力がありますので
皮膚の再生を促し、傷跡ややけどにも効果があるとされています。

 

要約すると、高い保湿力と肌再生能力
この2点がヒルドイドのニキビ治療においてのメリットかと思います。

 

私が使ってよかった大人ニキビ化粧品

友達に勧められて使ってみたものの中から、私が使ってみてよかったものをご紹介します。
トライアルセットがあるものばかりで試しやすいお値段なのもオススメです!
ビーグレン(b.glen)
ニキビケア(trial) スキンケア成分を角層の奥まで届けてくれて、長時間肌にとどめてくれるという成分「QuSome」配合のニキビケアプログラムです。 ビーグレンの商品はなんとなく高級なイメージだったんですが、トライアルセットがあると知り試してみることに!
私の肌に合っていたからか、徐々にコンディションが整っていく感じがしたので今も継続中です。
ローションはトロっとしたテクスチャーなのでしっかり馴染むような使い心地が気に入ってます。

>>ビーグレンの詳細はこちら



オルビス(ORBIS) クリアシリーズ
オルビス ニキビケアの王道オルビスの商品は継続して使いやすいお値段も魅力です! 大人ニキビに着目した最先端スキンケア商品。約3週間分のたっぷり容量は嬉しいですよね。使い始めてからごわついていたお肌がやわらかい感触に。
さっぱりした使い心地なので冬場は少し乾燥が気になるかも…。
脂性肌の方にはぴったりだと思います!

>>オルビスの詳細はこちら



VCスターターセット(SIBODY)
VCローション ニキビの元と戦う!トラブル肌に最適なビタミンCコスメです。ビタミンC配合だからか今までにない、少し泡立つようなテクスチャーでした。 重ねづけすることでスベスベを実感
ただこちらも化粧水と美容液だけだと乾燥してしまうかなという感じだったので、クリームなどを合わせて使うのがいいかもしれませんね。

>>VCローションの詳細はこちら