MENU

しつこいニキビの撃退法!ビーグレン

ニキビケア(trial)

ビーグレンの特徴は?

ビーグレンの特徴は
いろんなケアを試してきたけどどれも効果が出ない…」と
諦めかけていた方に選ばれているということです。

 

ビーグレンは肌トラブルを解決するために浸透の深度に着目したブランド。

 

肌トラブルの原因に有効な成分をたっぷり届けて、保持し続けるテクノロジー「QuSome」を採用し、さまざまな肌トラブルを解決に導きます。

 

>>ビーグレンの詳細はこちら

 

ビーグレンのトライアルがあるみたい!

ビーグレンのトライアルセットは肌の悩みに合わせて選べる8種類!

 

例えば初めは、できてしまっているニキビと予備軍にはニキビケアプログラムを使って、ニキビが治ったら今度はニキビ跡や色素沈着ケアのためにクリームだけ変更して使ったりと、継続して使うことができるので無駄が出にくいのもポイントです。

 

乾燥やターンオーバーの乱れなど、原因が複雑に絡み合う大人のニキビのいやな連鎖を生まないために、できてしまったニキビと予備軍の両方に働きかけるのがビーグレンのニキビケアの特徴です。

 

ニキビケア(trial)

 

 

ビーグレンの内容はどんな感じ?

ビーグレン ニキビケアトライアルセットの内容は

  • クレイウォッシュ 150g
  • クレイローション 120ml
  • Cセラム 15ml
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム 30g

 

洗顔・化粧水・美容液・クリームの4種類。朝晩使っても約一週間使用できます

 

気になるビーグレンの価格は?

トライアルセットの価格は1,800円(税抜)。送料は無料です。
注文日から365日間は返金保証がついているので、万が一、肌に合わなかった場合も安心です。

 

ニキビケア(trial)

 

ビーグレンの口コミはどうなの?

ビーグレン ニキビケアトライアルセットの口コミはこんな感じです♪

25歳をすぎたあたりから増えてきた白ニキビをなんとかしたくて購入しました。
化粧水も美容液もしっかり浸透していく感じがわかりました!
洗顔は泡立たないタイプですが洗浄力はバツグンでした。(20代・乾燥肌)

 

敏感肌なので少し赤みが出てやめてしまいましたが、つけ心地が気に行っていたので肌に合えば定期購入したかったです…。(20代・混合肌)

 

なぜか急に大量にできてしまったニキビに悩んで購入!

 

美容液は手に出した時からほんのり温かいような感じがしてスッと馴染むし
翌朝、肌がワントーン明るく見えました!(30代・敏感肌)

 

ビーグレンのまとめ

浸透の深度にこだわっているブランドなだけあって浸透力を感じる人が多いようですね。

 

大手化粧品メーカーの化粧水や美容液と比べてもそんなに高くないのと、定期コースだとさらにお得に購入できたり、プレゼントがもらえたりして楽しく続けられそうだなと思いました!

 

お薬の刺激がどうしてもあわないなら、参考にしてくださいね。

 

ニキビケア(本製品)

 

 

>> ビーグレンの詳細はこちら

 

 

 

私が使ってよかった大人ニキビ化粧品

友達に勧められて使ってみたものの中から、私が使ってみてよかったものをご紹介します。
トライアルセットがあるものばかりで試しやすいお値段なのもオススメです!
ビーグレン(b.glen)
ニキビケア(trial) スキンケア成分を角層の奥まで届けてくれて、長時間肌にとどめてくれるという成分「QuSome」配合のニキビケアプログラムです。 ビーグレンの商品はなんとなく高級なイメージだったんですが、トライアルセットがあると知り試してみることに!
私の肌に合っていたからか、徐々にコンディションが整っていく感じがしたので今も継続中です。
ローションはトロっとしたテクスチャーなのでしっかり馴染むような使い心地が気に入ってます。

>>ビーグレンの詳細はこちら



オルビス(ORBIS) クリアシリーズ
オルビス ニキビケアの王道オルビスの商品は継続して使いやすいお値段も魅力です! 大人ニキビに着目した最先端スキンケア商品。約3週間分のたっぷり容量は嬉しいですよね。使い始めてからごわついていたお肌がやわらかい感触に。
さっぱりした使い心地なので冬場は少し乾燥が気になるかも…。
脂性肌の方にはぴったりだと思います!

>>オルビスの詳細はこちら



VCスターターセット(SIBODY)
VCローション ニキビの元と戦う!トラブル肌に最適なビタミンCコスメです。ビタミンC配合だからか今までにない、少し泡立つようなテクスチャーでした。 重ねづけすることでスベスベを実感
ただこちらも化粧水と美容液だけだと乾燥してしまうかなという感じだったので、クリームなどを合わせて使うのがいいかもしれませんね。

>>VCローションの詳細はこちら