MENU

ヒルドイドでニキビが悪化する原因は?効果は?デメリットは?

ヒルドイドってどんな薬なの?

そもそも、ヒルドイドとはどんな薬なのかを紹介します。

 

ヒルドイドにはヘパリン類似物質が含まれていて、下記の3つの働きがあります。

・保湿
・抗炎症作用
・血行促進作用

主に乾燥肌、アトピー、傷痕などの疾患で皮膚科や小児科などで処方されている外用薬です。
(ジェネリック医薬品としては、ビーソフテンという名前で処方されてますね。)

部位や症状にあわせて使用できるよう、クリームやソフト軟膏、ローション、ゲルの4種類があります。

 

この中でもヒルドイドローションとヒルドイドソフト軟膏が処方されることが多いようですね。

 

体に塗るだけでなく顔への使用もでき、保湿力も高いことから最強の美容クリームと話題になっています。

 

ヒルドイドはニキビに効果はある?

以前処方されて余ってしまっていたヒルドイド。

「美容クリームと話題になっているぐらいだし、ヒルドイドってもしかしてニキビにも効果があるのかも!?」

 

「塗り薬には違いないし、とりあえず塗ってみようかな!」

と使ってみようと思ったことありませんか?

 

たとえば痒みを伴うニキビの初期段階では何も疑わずに使う方も多いかと思います。

 

ヒルドイドのニキビに対する効果として保湿され、一瞬かゆみが治まる場合や抗炎症作用のおかげで赤みも取れる方も多いですが、血行促進作用で炎症が余計に悪化することも。

 

また、殺菌作用もないので、できてしまった白ニキビや黒ニキビには効果がないようです。

 

さらに、ニキビで敏感になっている肌にヒルドイドの添加物が合わず、悪化してしまうということも稀にあるようです。

 

ヒルドイドのデメリットでニキビが悪化…

ヒルドイドはニキビに効果が期待できる反面、ヒルドイドのデメリットでニキビが悪化する場合もあるようです。

 

ヒルドイドのデメリットとしてあげられるのは、メリットでもある血行促進作用がニキビの炎症を悪化させる恐れがあるということ。

 

そして保湿成分に含まれる油分のせいで毛穴詰まりを起こしやすく新たにニキビを増やしてしまう恐れがあるということです。

 

治そうと思ってヒルドイドを塗ったのに、ニキビが悪化してしまっていたのはこのせいだったんですね。

 

既に完全に育ってしまっている手の施しようのないニキビは皮膚科を受診するのが一番いい方法かもしれませんが、ニキビでの受診は保険適用外となる場合もあるようです。

 

受診の手間や費用を考えても、二キビケアに特化した化粧品を使うのが最も手軽な方法かもしれないですね。

 

ヒルドイドのメリット・デメリットまとめ

ヒルドイドで一時的に赤ニキビが改善する場合もあるようですが、炎症を起こし、敏感になっている肌には悪化するリスクが高く、白ニキビや黒ニキビへの効果も期待できません。

 

ニキビが悪化した場合、完全に治るまでにかなりの時間と費用がかかってしまいます。

 

ニキビが悪化してしまう前に二キビケアに特化した化粧品でケアしてすべすべ肌をゲットしちゃいましょう!


私が使ってよかった大人ニキビ化粧品

友達に勧められて使ってみたものの中から、私が使ってみてよかったものをご紹介します。
トライアルセットがあるものばかりで試しやすいお値段なのもオススメです!
ビーグレン(b.glen)
ニキビケア(trial) スキンケア成分を角層の奥まで届けてくれて、長時間肌にとどめてくれるという成分「QuSome」配合のニキビケアプログラムです。 ビーグレンの商品はなんとなく高級なイメージだったんですが、トライアルセットがあると知り試してみることに!
私の肌に合っていたからか、徐々にコンディションが整っていく感じがしたので今も継続中です。
ローションはトロっとしたテクスチャーなのでしっかり馴染むような使い心地が気に入ってます。

>>ビーグレンの詳細はこちら



オルビス(ORBIS) クリアシリーズ
オルビス ニキビケアの王道オルビスの商品は継続して使いやすいお値段も魅力です! 大人ニキビに着目した最先端スキンケア商品。約3週間分のたっぷり容量は嬉しいですよね。使い始めてからごわついていたお肌がやわらかい感触に。
さっぱりした使い心地なので冬場は少し乾燥が気になるかも…。
脂性肌の方にはぴったりだと思います!

>>オルビスの詳細はこちら



VCスターターセット(SIBODY)
VCローション ニキビの元と戦う!トラブル肌に最適なビタミンCコスメです。ビタミンC配合だからか今までにない、少し泡立つようなテクスチャーでした。 重ねづけすることでスベスベを実感
ただこちらも化粧水と美容液だけだと乾燥してしまうかなという感じだったので、クリームなどを合わせて使うのがいいかもしれませんね。

>>VCローションの詳細はこちら