MENU

ニキビを家で治す!よくあるクレンジングミス!都市伝説!

どういったものが自分に合っているか分からない、や
これってホント?などのクレンジングに関する疑問をまとめてみました。

 

 

クレンジングのタイプの意味と選べない時の対処法?

 

クレンジングのタイプを
色や雰囲気で選んでいる方は少なくありません。

 

尚、特徴を簡単に記載するなら
油分を多く含め、メイクオフの力が強い順は、

 

オイル ⇒ クリーム ⇒ ジェル

 

⇒ ミルク ⇒ ローション の順になります。

 

 

ニキビを家で治すためには
都度、検証が必要になってきますが
基本的には自分の好みで選んでも大丈夫です。

 

プラシーボ効果もありますし^^

 

 

参考までに、乾燥肌の人は油分を多く含めた
オイルやクリームタイプがおすすめです。
脂性肌の人は、洗い上がりがさっぱりなジェルタイプがよいかなと。

 

大事なのは、肌に洗い残しがないようきちんと落とすことです。

 

 

ニキビを家で治すための拭き取り化粧水の正しい使い方?

 

仕事や遊びに疲れているタイミングでは
いちいちメイクオフするのも面倒な時もあります。

 

そんな時、オイルタイプやクリームタイプのクレンジングを
サッとふきとったり色々な場面で人気があり活躍する拭き取り化粧水。

 

使用感はさっぱりとしていて、クレンジングのふき残しや、
軽めのメイクを落とすのに効果的です。

 

拭き取り化粧水は、コットンの毛羽立ちで肌をいためてしまうので
2枚重ねで使うとよいです。

 

拭き取る際は、顔の内側から外側に向けておおまかな汚れをふき
その後フェイスライン・小鼻などの細かい箇所をオフします。

 

コットンが固くなったら新しく取り替えましょう。
ふき終わったら、洗顔します。

 

コットンはケチらず
「全ては肌のため!」と割り切って
豪快に使っていきましょう。

私が使ってよかった大人ニキビ化粧品

友達に勧められて使ってみたものの中から、私が使ってみてよかったものをご紹介します。
トライアルセットがあるものばかりで試しやすいお値段なのもオススメです!
ビーグレン(b.glen)
ニキビケア(trial) スキンケア成分を角層の奥まで届けてくれて、長時間肌にとどめてくれるという成分「QuSome」配合のニキビケアプログラムです。 ビーグレンの商品はなんとなく高級なイメージだったんですが、トライアルセットがあると知り試してみることに!
私の肌に合っていたからか、徐々にコンディションが整っていく感じがしたので今も継続中です。
ローションはトロっとしたテクスチャーなのでしっかり馴染むような使い心地が気に入ってます。

>>ビーグレンの詳細はこちら



オルビス(ORBIS) クリアシリーズ
オルビス ニキビケアの王道オルビスの商品は継続して使いやすいお値段も魅力です! 大人ニキビに着目した最先端スキンケア商品。約3週間分のたっぷり容量は嬉しいですよね。使い始めてからごわついていたお肌がやわらかい感触に。
さっぱりした使い心地なので冬場は少し乾燥が気になるかも…。
脂性肌の方にはぴったりだと思います!

>>オルビスの詳細はこちら



VCスターターセット(SIBODY)
VCローション ニキビの元と戦う!トラブル肌に最適なビタミンCコスメです。ビタミンC配合だからか今までにない、少し泡立つようなテクスチャーでした。 重ねづけすることでスベスベを実感
ただこちらも化粧水と美容液だけだと乾燥してしまうかなという感じだったので、クリームなどを合わせて使うのがいいかもしれませんね。

>>VCローションの詳細はこちら